乾燥マンゴーで便秘解消 > 乾燥マンゴーで便秘解消 > 乾燥マンゴーとは、

乾燥マンゴーで便秘解消

乾燥マンゴーとは、

便秘に効く食べ物とされる乾燥マンゴー(ドライマンゴー)は、マンゴーを乾燥させたものですが、

マンゴーとは、一体、どのような果物なのでしょうか?

マンゴーとは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと、ウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実ということです。

ウルシ科なので、「かぶれ」の原因物質が含まれているようです。

その他、マンゴーについて、まとめてみました。

(1)原産地
インドからインドシナ半島周辺

(2)起源
インドで4000年以上前から栽培開始

(3)主な生産国
インド、メキシコ、フィリピン、タイ、オーストラリア、台湾

(4)日本国内の主な生産地
沖縄県、宮崎県、鹿児島県、和歌山県、熊本県

(5)マンゴーの加工品
ジュース、ピューレー、缶詰、乾燥マンゴー(ドライマンゴー)、ゼリー、マンゴープリン、ムース、ケーキ、シャーベット、スムージー、グミ、チャツネ

(6)栄養素
ビタミンA、β-カロチン

(7)マンゴーの歴史@日本
フィリピン産等のマンゴーは、1990年代後半からスーパーで見られるようになりました。、

その後、菓子などにも加工され、あっという間に、日本の人気食材となりました。

また、宮崎県の東国原英夫知事のトップセールスにより、宮崎県産のマンゴーのブランド「太陽のタマゴ」が全国に知れ渡ったということです。

以上、マンゴーについて整理してみました。

<<便秘解消グッズ【二刀流】 | 乾燥マンゴーで便秘解消トップへ


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。