【乾燥マンゴー流】 便秘とは

【乾燥マンゴー流】 便秘とは

乾燥マンゴーが便秘に効くらしいのですが、
そもそも、便秘とは、一体どういう状態を指すのでしょうかね。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
「便の排泄が困難になっている消化器の状態のこと」だそうです。

ま、たしかにそうですわね。

わたしも経験ありますが・・・、出ないと辛い。(苦笑)
お腹が張ってくるし、何より仕事とかをしてても
な〜んかスッキリしなくって気になるんですよね。
(困ったもんです。)
早く、乾燥マンゴー食わないとね。

また、日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」が、便秘である。とされているようです。

残尿感は聞いたことありましたが、残便感は初めて聞きました。(笑)
残便感・・・残念です。

ただ、「毎日便が出なければならない」ことは無いそうです。
別に、2日に一回でも出さえすればいいんです!文句はないんです!

排便の間隔というものは、各個人の体質や環境によりバラバラで、一概にこうだと決めることはできないのです。

ただし、3日は長いね。たしかに、そこまでいったら便秘やね。
乾燥マンゴーの出番やね。)

面白いのは、下痢・軟便の状態でも、便秘になることはあるそうです。
下痢で便秘って・・・なんかダブルパンチですよね。
(困ったもんです。)

次回は、乾燥マンゴーの話をする予定です。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。